藤原基央のプロフィール!身長・体重・血液型・犬や大学などの経歴

BUMP OF CHIKEN のヴォーカルを務める藤原基央さんがご結婚され話題となっています。

あのMr.Chiledrenの桜井和寿さんが、2000年代を総括するインタビューの中で、

 

「BUMPはすごい衝撃だった」

と語り、その年代の最も印象的だった曲として「ロストマン」を挙げた伝説的なバンドがBUMP OF CHIKENです。

 

多くの日本人が人生で一度はその魅力にハマり、無限にリピートした経験を持つのではないでしょうか。

この記事では藤原基央さんのプロフィールから身長・体重・血液型・犬や大学などの詳細な情報、そしてBUMP OF CHIKENとしての数々の経歴等を徹底調査し、個人的な見解とともにひとつづつ紹介します。

スポンサードリンク

藤原基央のプロフィール情報

藤原基央のプロフィール

BUMP OF CHIKEN のヴォーカル・藤原基央(ふじわら もとお)さんのプロフィール情報です。

ほぼ全曲の作詞作曲をされており、ギターも担当しています。

 

愛称は藤くんです。

目つきが悪く見えたり、その気がないのに睨んでいるように思われるといったことも経験されてコンプレックスとなり、以前は前髪の長いヘアスタイルをよくされていたそうです。

 

視力が悪い人にありがちな話ですね。。

 

好きなものは洗濯やダッフルコート、猫、ライオン、プリン、ガリガリ君など。

髪型についての詳細は、藤原基央の髪型最新情報!真似した作り方や短めにしない理由を紹介の記事をご覧下さい。

 

 

季節の中では冬が好きで、「厚着をしてなら極寒でもずっと外にいたい」と仰っています。

逆に苦手なものは辛い物。

そんな藤原基央さんのプロフィールについて、詳細を見ていきましょう。

藤原基央の身長・体重

 

藤原基央さんの身長は176㎝

体重は正式に公表はされていないそうですが、40㎏後半~代50㎏程度だと言われています。

 

身長に対して体重がものすごく軽いですね!

時期によって多少の変動はあるようですが、とにかく細身であることはファンの間で有名なようです。

 

 

 

BUMP OF CHUKENほどの売れっ子バンドマンとなるとスケジュールも多忙を極めます。

藤原基央さんはツアー中などに疲労が蓄積したときに蕁麻疹が出てしまう体質であるようです。

 

そのため、ライブの前後には徹底的な体調管理が求められ、「健康のために1日に1~2時間お風呂に使っていたらガリガリに痩せてしまった」とご本人が仰っています。

ただ、お風呂に長時間浸かるだけでそんなに痩せるということは普通の体質だとあまりなく、食生活なども大きく関わってきますが、

 

藤原基央さんはプリンやガリガリ君、某コンビニのいちごサンドが大好物だそうで、いちごサンドについては公式サイトのコンテンツで取り上げられるほど甘党で知られています。

体質的にもともと痩せやすいということが大きそうですね。

 

「もしかして藤くんより自分の方が重いのでは…」と乙女心をつぶやくファンの声もチラホラ見られます。

 

藤原基央の血液型・星座・生年月日

藤原基央さんの血液型はO型で、星座は牡羊座です。

生年月日は1979年4月12日生まれで、今年41歳になられています。

 

お誕生日にはその声・見た目と実年齢のギャップに驚く声や、BUMP OF CHIKENの楽曲とともに人生を歩んできたファンたちからの祝福の声が上がりました。

 

 

いわゆるヒット曲以外にも、ゲームやアニメ等の主題歌であったりと何かと耳にする機会が多いBUMP OF CHIKENの楽曲。長年、広い世代に愛され続けていることがわかりますね。

 

藤原基央の出身・大学

藤原基央の出身と大学を解説します。

藤原基央の出身・大学

ほとんどのBUMP OF CHIKENの楽曲を作詞作曲されている藤原基央さんですが、これまでどのように育ってこられたのかルーツが気になるファンの方は多いのではないでしょうか。

藤原基央さんは秋田県秋田市の出身で、幼稚園に入るまでの間に現在の千葉県佐倉市へと引っ越しされています。

 

メンバー4人は幼稚園からの顔なじみでしたが、幼稚園の頃には藤原基央さん・直井由文さん(ベース)・増川弘明さん(ギター)の3人は升秀夫さん(ドラム)の事はまだ知らなかったようです。

卒援した後、藤原基央さん以外の3人は佐倉市にある佐倉市立臼井小学校に通うこととなります。

バンドメンバー4人が親交を深めたのは全員が中学校に入学し、佐倉市立臼井西中学校に集結した時です。

 

そこでバスケットボール部に所属した4人でしたが、万年補欠で試合には出ず部活中は体育館器具庫で「体育館倉庫を真っ暗にして行うかくれんぼ」をするなどして親交を深めていったそうです。

中学を卒業した後は日出学園高等学校へと進学されています。

 

日出学園高等学校は千葉県にある私立の中高一貫校で、幼稚園や小・中学校からの内部進学の生徒と、高校から入学してきた外部進学の生徒が混合でクラス編成される学校です。

 

なおこちらは芸能人がよく通うことで有名な日出高校とは別の学校法人です。

藤原基央さんは、環境に馴染むことができず高校1年生の時に中退。

 

その後16歳で上京されていますので、大学へは行っていないことになります。

スポンサードリンク

藤原基央の自宅・実家

藤原基央さんの自宅・実家について解説します。

藤原基央さんの自宅・実家

藤原基央さんの自宅や実家はどんなところなのでしょうか。

調べてみると自宅については情報は少しだけではありますが、「ロストマン」のジャケットに使われている写真が藤原基央さんの自宅マンションのベランダで撮られたものであるようです。

 

場所としては中目黒と判明しているようです。

 

 

実家については、先にご紹介させていただいた通り千葉県佐倉市臼井です。

 

BUMP OF CHIKEN の楽曲には地元のスポットが度々登場しており、「続・くだらない丘」の歌詞に出てくる「タンポポ丘」や、「透明飛行船」に出てくる「宮田公園」等があります。

 

ベースの直井由文さん(通称・チャマさん)のご実家は「居酒屋おおいわ」というお店を経営されており、「グロリアス・レボリューション」のPVに登場しています。

 

居酒屋など、飲食店の経営が以前のようにうまくいかなくなる事も多い昨今ですが、「居酒屋おおいわ」については電話での事前予約で人数調整する等の対策をした上で、現在も営業されています。(2020年9月現在)

 

京成臼井駅から近く、徒歩で訪れることも可能のようです。

その他にも幼稚園・小中学校や、フリーライブを行ったことがある市民体育館やラジオでおなじみの「旧ジャスコ」といったゆかりの地が多数存在しています。

 

聖地巡礼をして楽曲や撮影場所と重ね合わせて楽しむファンも多いようです。
スポンサードリンク

藤原基央の犬がかわいいと話題に

藤原基央の犬について解説します。

藤原基央の犬

藤原基央さんの犬がかわいいと話題になっていたので調べてみました。

藤原基央さんは犬や猫、ライオンといった動物がもともとお好きのようです。

 

昔に「タロ」という秋田犬を飼っていたことや、「黒蜜糖」という名の黒猫を実家で飼っており、シングル「LAMP」のジャケット写真にも登場したことはファンの間でも有名です。

また、2019年7月18日にベースの直井由文さん(通称・チャマさん)のインスタグラムに、藤原基央さんが犬を抱いている写真が投稿されており、「藤くんかわい過ぎる」「その犬になりたい」等、1000件を超えるコメントがついています。

 

 

この犬がいったい何者なのか、詳細は投稿からはわかりませんでした。

 

バンドで歌っている時には見られない表情で、ファンにとってはたまらなくかわいい写真ですね。

スポンサードリンク

藤原基央の経歴

藤原基央の経歴について解説します。

藤原基央の経歴

藤原基央さんの経歴について調べてみました。

先にご紹介した通り、藤原基央さんは、BUMP OF CHICKEN のメンバーとは同じ中学校でバスケットボール部で、体育館器具庫で親交を深めておられました。

 

そんな藤原基央さんはドラムの升秀夫さんに「俺と一緒にロックを変えようぜ!」とスカウトされ、“ハゲバンド”として文化祭でライブを決行したことからバンド人生が始まります。

 

先にご紹介した通り、高校に馴染めなかった藤原基央さんは学校を中退されてからはファミレス、バーテンダー、清掃員、肉体労働など様々なアルバイトをしながら、本格的に音楽の世界にのめりこんでいきます。

 

1996年、上京して17歳の頃には前身の「ハゲバンド」では裏方スタッフだった増川弘明さんが正式にギター担当として加入されます。

 

そして数々のコンテストに出場し、「ガラスのブルース」でティーンズミュージックフェスティバル’96で関東大会進出、また第二回「BEAT BRUST IN JAPAN」という高校生の音楽イベントではグランプリを獲得。

 

この頃にデビュー前のTRICERATOPSと対バンで共演したことから、槇原敬之や木崎賢治(TRICERATOPSの音楽プロデューサー)の目に留まりにスカウトされます。

 

メンバーであるギターの増川弘明さんとドラムの升秀夫さんは大学受験をされたため、一時活動休止期間を経て、1998年6月に劇団「すいっち」公園のミュージカル「はしるおんな」に生バンド役として出演。

 

その年の10月には自身初のCD作品となるデモ「BUMP OF CHIKEN」を発売。

 

限定500枚であったCDは、わずか1か月で完売となりました。

 

その後、藤原基央さんが20歳を迎えた年、徐々に注目を集めていたBUMP OF CHIKENは2年連続でアルバムをリリースします。

 

1999年にリリースしたデビューアルバム「FLAME VEIN」 は、多忙の中、たった3日間で強制的にレコーディングが行われました。

 

このアルバムにはコンテストでグランプリを獲得した「ガラスのブルース」や『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクター・綾波レイに本気で恋をした藤原基央さんがその要素を散りばめた曲「アルエ」などが収録されています!

 

続いて2000年にセカンドアルバム「THE LIVING DEAD」をリリース。

「K」「ランプ」「続・くだらない歌」「ベストピクチャー」など、根強くファンに愛される10曲が収録されています。

 

そして同年の2000年9月20日、ついにシングル「ダイヤモンド」で、メジャーデビューを果たします。

 

翌年2001年に発売された2作目のシングル「天体観測」でCD売上が累計55万枚以上となる大ブレイクとなりBUMP OF CHIKENの名が世に広く知れ渡るきっかけとなりました。

 

テレビドラマ『天体観測』はこの楽曲から着想を得て、翌年に伊藤英明さん主演で放送されました。

ドラマのエンドロールには「inspired by the music of BUMP OF CHICKEN」と表記されており、関東での平均視聴率は12.7%を記録しました。

 

また2001年10月には3作目のシングル「ハルジオン」をリリース、2002年にはメジャーデビュー後1作目となるスタジオ・アルバム「jupiter」でバンド初となるオリコンアルバム週刊チャートで初登場1位を獲得しています。

 

その後もコンスタントに楽曲を世に送り出し、現在も日本を代表するトップアーティストの一人として活躍されています。

 

2016年にはバンド結成20周年を記念した「結成20周年記念Special Live『20』」が幕張メッセで開催されています。

 

藤原基央さんはこれらの経歴の間で、歌い方が変わったと噂されることも多々あります。

藤原基央の歌い方や発声方法についての記事も合わせてご確認下さい。

藤原基央のプロフィールまとめ

以上、藤原基央さんやBUMP OF CHIKENについてプロフィールや経歴を調査しご紹介しました。

部活動では万年補欠で体育館で遊んでいた少年が、音楽に人生を賭け、たくさんの人に影響を与えるアーティストに成長され今年で24年目を迎えられました。

 

Mr.Childrenの桜井和寿さんやRADWIMPSの野田洋次郎さんといった同業者からの評価がものすごく高いこともBUMP OF CHIKEN の特徴で、その芸術性の高さを物語っていますね。

一口にBUMPの曲といっても曲によってテイストや歌い方も様々に変化させていて、“天才”と呼ばれる藤原基央さんも計り知れない試行錯誤を繰り返しながら進んでこられたのではないでしょうか。

 

ご結婚されて私生活では違うステージに立たれた藤原基央さんが、また新しい音楽を生み出していかれると思うと楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です