チャドウィック・ボーズマンの子どもや家族!映画「弥助」について情報まとめ

マーベル映画におけるスーパーヒーロー「ブラックパンサー」で有名なチャドウィック・ボーズマンさんが8月28日に癌のため亡くなったことがわかりました。

 

43歳の若さであったチャドウィック・ボーズマンについて、私生活や新作映画「Yasuke」(弥助)についての情報をまとめました。

 

スポンサードリンク

チャドウィック・ボーズマンという人物

 

 

ボーズマンはアメリカの俳優で、クリスチャンとして育ち協会の合唱団や青少年グループのメンバーでした。

 

まだマーベルでキャスティングされる前からブラックパンサーになることを祈っていたそうです。

 

代表作としてマーベル映画の「ブラックパンサー」があり、複数の賞を受賞して国際的なスターとして認められていました。

 

ボーズマンはベジタリアン(菜食主義者)としても知られていました。

 

 

スポンサードリンク

チャドウィック・ボーズマンに子どもや家族はいた?

 

 

ボーズマンは2019年に歌手のテイラー・シモーヌ・レッドワード(Taylor Simone Ledward )さんと婚約、後に結婚しています。

 

テイラーはカリフォルニア州立工科大学の音楽産業学科を卒業しています。

 

二人は2015年から交際さいていると噂はされていましたが、2019年1月の授賞式でカップルとして公式にレッドカーペットを歩きました。

 

それまでのボーズマンは二人の関係をずっとプライベートなものとして公にしてきませんでしたが、今回の彼の家族からの声明文では、テイラーは自宅で妻としてそばにいたことを発表しています。

 

ボーズマンとテーラーは、2月にシカゴで開催された第69回NBAオールスターゲームで一緒にいたところを撮影されたのが公の場での最後の2ショットでした。

 

4年間もの間、癌と戦い結婚したボーズマンとそばで支え続けたテイラー。二人の間に子どもの存在は確認されていません

 

 

スポンサードリンク

チャドウィック・ボーズマンの新作映画「Yasuke」(弥助)について

 

 

ボーズマンの最近の映画は、外科手術や化学療法の合間に撮影されていました。

 

その中の一つに、日本で初めて剣を振り回したアフリカの武士「Yasuke(弥助)」の映画があります。

 

ポルトガル出身でイエズス会の宣教師の奴隷として日本に連れて来られた弥助は、日本に足を踏み入れた最初の黒人でした。

 

弥助は天下統一を目指していた冷酷な織田信長の関心を引き、信長との友情、そして最終的には武士の名誉や剣、“侍”の称号を得ました。

 

日本を舞台にした映画だけに公開を楽しみにしていたファンがたくさんいました。

 

映画「Yasuke」の制作については昨年発表されていましたが、公開日についての具体的な発表はされていない段階であったようです

 

スポンサードリンク

まとめ

 

・チャドウィック・ボーズマンはアメリカの国際的スター。

 

・チャドウィック・ボーズマンには歌手である奥さんがいる。

 

・チャドウィック・ボーズマンの映画「弥助」の公開日については未発表。

 

続編や新作映画の公開を期待する声が多かったチャドウィック・ボーズマン。

 

癌と戦いながら俳優として仕事をすることはきっと相当の困難を伴っていたのではないかとお察しします。

 

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です