芦名星の自殺理由は誹謗中傷?小泉孝太郎との熱愛がアンチ増加原因か

「ブラッディマンデイ」や「相棒」数多くのドラマや映画に出演していた俳優の芦名星さん。
14日午前中に東京都内の自宅で亡くなっているのが見つかりました。
状況から自殺の可能性があるそうです。

所属事務所のホリプロによると、芦名星の自宅マンションを訪れた親族により発見されたという。

今回は芦名星さんのプロフィールやキツイと噂されている性格。
さらに、誹謗中傷の内容やアンチの反応、自殺理由などを紹介します。

スポンサードリンク

芦名星のプロフィール

芦名星はファッションモデルや女優として活躍。福島県郡山市出身で日出女子学園高校卒業。
スリーサイズはB83/W58/H80cm。
2013年には、NHK大河ドラマ『八重の桜』で初出演し注目を集め、2020年7月に死去した三浦春馬と「ブラッディマンデイ」で共演もしている。
14日午前中に東京都内の自宅で亡くなっているのを親族が発見した。
警察は状況から判断して、自殺の可能性があるとしている。
現在は、刑事ドラマ「相棒」に出演しており次シーズンでも登場を期待されていた。
さらに、死去した9月14日に発売される週刊プレイボーイにも登場していた。

スポンサードリンク

芦名星の性格と誹謗中傷について

クールで凛とした顔立ちの芦名星、その美貌からドラマでは悪役などを演じていたため性格がキツイというイメージがあった。
悪役を演じる芦名星を好きという声もあったが、演技と現実を混同してしまう人もいました。
自ら死を選ぶほど繊細な人がそんなに悪い人間だったとは到底思えません。
2007年放送のグータンヌーボに出演した際、木下ココと不仲になり強い口調での会話や不機嫌な顔をするなどあまり良くない印象があった。
「芦名星は笑顔で優香にだけ話しかける」「芦名星は木下ココを無視している」とネット上では芦名星に対する誹謗中傷やアンチが目立ち始めました。
優香のファンと木下ココのファンが芦名星を嫌うのはもはや目に見えていたようです…。

スポンサードリンク

芦名星は小泉孝太郎との熱愛でアンチ増加

芦名星の性格がキツイと噂されているなか、2019年に芦名星に熱愛報道がありました。
なんと、相手は小泉孝太郎です。
政治家を家族に持つ小泉孝太郎の環境とファンと芦名星のアンチによる過激な批判が障壁となり芦名星と小泉孝太郎の仲は順調とは言い難い様子。
中には「死んでくれ」「大っ嫌い」「演技が下手」とかなり辛辣な言葉がありました。

スポンサードリンク

芦名星の自殺理由とは

芦名星を自殺に追い込んだ原因ははっきりとしませんでした。
死んでしまった以上、本当の理由はわからないと主張する人も多く芦名星が自殺したことを考えないようにしているようです。

確かに、芦名星は嫌な女を演じることが多かったです。
そこから嫌われ者というイメージが拭い去れなかったことで受けた性格への批判はあまりにも酷すぎました。
小泉孝太郎との熱愛が発覚してから一気に増えた誹謗中傷から、精神的に疲れていたことがわかります。
「相棒」「週刊プレイボーイ」などの出演から芦名星の人気は手に取るように分かるのに、たった一部の声が芦名星を苦しめていたと思うと悲しいですね。
現在、画面いっぱいに埋め尽くされているのは批判でも誹謗中傷でもなく「好き」という声ばかり。
芦名星の死を受け入れられず悲しみに暮れるファンがどれだけいようとも、芦名星がその声に耳を傾けることはもうできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です